ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
ミナ ペルホネンは、デザイナーの皆川明(1967- )が設立し、ファッション・テキスタイルを中心に、且つデザインの領域にとらわれない活動をしています。
皆川がミナ ペルホネンの前身となる「ミナ」を立ち上げたのは1995年。一過性の流行ではない普遍的な価値を持つ「特別な日常服」をコンセプトとし、日本各地の生地産地と深いコミュニケーションを重ねながらものづくりをつづけてきました。
ファッションからスタートした活動は、その後、インテリアや食器、空間デザインなど次第にその領域を生活全般へと拡げ、デザインを通して私たちの日常の様々な場面に「喜び」をもたらす提案を重ねてきました。その歩みは2020年に、25周年を迎えます。
タイトルに付した「つづく」という言葉は、「せめて100年つづけたい」との思いから始めたブランドが、その4分の1を迎えようとしている今現在も、常に今から100年後を見つめ続けるミナ ペルホネンの時間的な継続性を想起させるものですが、それだけでなく、つながる・重ねる・循環するなど、ものごとが連鎖し何かを生みだしていく様を予感させる言葉でもあります。本展覧会では、多義的な意味をもつ「つづく」をキーワードに、ミナ ペルホネンの独自の理念や世界観を紹介するとともに、現代におけるものづくりの意味や、デザインの社会における役割を考察します。
ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)— 2020年2月16日(日)
月曜日(2020年1月13日は開館)、12月28日—2020年1月1日、1月14日
東京都現代美術館 企画展示室3F
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、朝日新聞社
minä perhonen / minagawa akira TSUZUKU
November 16 (Sat) 2019 — February 16 (Sun) 2020
Mondays (except Dec. 23, Jan. 13), Dec. 24, Jan. 1, Jan. 14
Exhibition Gallery 3F
Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Museum of Contemporary Art Tokyo, The Asahi Shimbun