ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
つづく

はじまり おわり すすみ もどる こころかたちのつくるとつづく

beginning, ending, enhancing, returning, mind and shape, circle of creation goes on...

デザイナーの皆川明(1967-)が設立したブランド、ミナ ペルホネン。流行に左右されず、長年着用できる普遍的な価値を持つ「特別な日常服」をコンセプトとし、日本各地の生地産地と深い関係性を紡ぎながら、オリジナルの生地からプロダクトを生み出す独自のものづくりを続けてきました。
皆川がミナ ペルホネンの前身となる「ミナ」を立ち上げたのは1995年。「せめて100年つづくブランドに」という思いでファッションからスタートした活動は、その後、インテリアや食器など次第に生活全般へと広がり、現在ではデザインの領域を超えてホスピタリティを基盤にした分野へと拡張しています。そのたゆまぬ歩みは、展覧会の会期中である2020年に25周年を迎えます。
本展覧会の「つづく」というタイトルは、文字通りブランドの時間的な継続性を示すものですが、それだけでなく、つながる・連なる・手を組む・循環するなど、モノや人が連鎖し何かを生み出していく生成のエネルギーを想起させる言葉でもあります。
多義的な意味をもつ「つづく」をキーワードに、本展覧会では、生地や衣服、インテリア、食器等のプロダクトに加えて、デザインの原画、映像、印刷物、皆川明の挿絵など創作の背景を浮き彫りにする作品群や資料も併せて展示いたします。ミナ ペルホネンと皆川明のものづくりとその思考をこれまでにない規模で紹介する本展覧会は、私たちの日常生活やその先にある社会の仕組みについて新たな視点と示唆をもたらすことでしょう。
2019年11月16日(土)— 2020年2月16日(日)
東京都現代美術館 企画展示室3F
月曜日(2020年1月13日は開館)、2019年12月28日—2020年1月1日、1月14日
10:00 — 18:00
※展示室入場は閉館の30分前まで
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、朝日新聞社
ACCESS
東京都現代美術館
〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
03-5777-8600(ハローダイヤル/8:00-22:00 年中無休)
交通案内
東京メトロ半蔵門線・清澄白河駅B2番出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線・清澄白河駅A3番出口より徒歩13分
東京メトロ東西線・木場駅3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
都営地下鉄新宿線・菊川駅A4番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
TICKETS
  • 一般
    当日券 1500円
    前売券 1300円
  • 大学生・専門学校生・65歳以上
    当日券 1000円
    前売券 800円
  • 中高生
    当日券 600円
  • 小学生以下無料
  • 前売券は10月1日(火)から11月15日(金)までセブンチケットローソンチケットチケットぴあ、ミナ ペルホネン直営店などで販売。東京都現代美術館は10月20日(日)まで販売。
  • 小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
  • 本展チケットでMOTコレクションもご覧いただけます。
  • 毎月第3水曜日(シルバーデー)は、65歳以上の方は年齢を証明できるものを提示していただくと無料になります。
  • 家族ふれあいの日(毎月第3土曜日と翌日曜日)は、18歳未満のお子様をお連れの都内在住の保護者2名まで、観覧料が半額になります。(保護者の方は都内在住を証明できるものを提示)
  • 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料です。
  • 20名様以上の団体購入は当日券料金から2割引(東京都現代美術館で購入の場合のみ)
SPECIAL TICKET
  • ポストカードセット前売券
    一般 1800円

皆川明が朝日新聞のコラム「日曜に想う」のために描いたイラストのポストカード(非売品)3枚がセットになった前売券

CROSS TALK

皆川明が各界で活躍するクリエイターやアーティストとトークをします(要申込)

東京都現代美術館 講堂
各回200名 (抽選方式)
無料
下記のリンク先にある応募フォームに必要事項をご記入のうえ、ご応募ください。各回、お一人様1回のみ応募可能です。応募多数の場合は、抽選後、当選者にのみ、メールでお知らせします。
  • 参加には展覧会チケットが必要です(当日に使用したチケットである必要はありません)
  • 2019年
    11月17日(日)
    14:00—15:30
    田根剛 建築家
  • 11月30日(土)
    13:00—14:00
    木田隆子 エル・デコ ブランドディレクター
    15:30—16:30
    大竹伸朗 現代美術家
  • 2020年
    1月4日(土)
    13:00—14:00
    藤田貴大 マームとジプシー主宰、演劇作家
    15:30—16:30
    在本彌生 写真家
  • 1月18日(土)
    13:00—14:00
    糸井重里 「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰
  • 2月1日(土)
    13:00—14:00
    菊地敦己 グラフィックデザイナー
    15:30—17:00
    葛西薫 アートディレクター
    上田義彦 写真家
  • 2月11日(火・祝)
    13:00—14:00
    皆川明 ※単独講演
    15:30—17:00
    中原慎一郎 ランドスケーププロダクツ代表
    岡本仁 編集者
  • 上記以外にも会期中に複数のイベントを開催いたします。詳しい情報、予約方法などは詳細が確定次第、本サイトにてお知らせいたします。
minä perhonen is a brand founded by designer Akira Minagawa (1967–). Under the brand’s concept of “special clothing for everyday life,” Minagawa creates fashion with universal value, which does not follow trends and can be enjoyed for many years. Fostering relationships with fabric manufacturers around the nation, Minagawa sticks with his craftsmanship to create products using his own original textiles.
Minagawa started a fashion brand minä in 1995 (the name was changed to “minä perhonen” in 2003) with an aspiration to establish a brand that would continue at least for 100 years. Since then, the sphere of his creative activities has expanded from fashion to home décor, to tableware, and eventually, to all aspects of everyday life. At present, Minagawa’s activity is extending into the field based on hospitality, going beyond the realm of design. His tireless journey of creation will mark the 25th anniversary in 2020 during the exhibition period.
The title of the exhibition, Tsuzuku, literally translates to the “temporal continuity” of the brand. At the same time, the word connotes “connection,” “linkage,” “joining hands,” and “circulation,” which conjures the image of creative energy generated by the interaction of people and things.
“Tsuzuku” with multiple meanings as the key word, the exhibition will showcase various aspects of the brand’s creation in the gallery. The exhibits will include not only products, such as textiles, clothes, interior goods, and tableware, but also artworks and materials, such as video, printed materials, and Minagawa’s original design drawings and illustrations to shed light on what underlies these creations. This is the first exhibition which introduces creativity and philosophy of minä perhonen and Akira Minagawa, and is held on this scale; it will surely offer new perspectives and suggestions on our daily lives and our society.
16th Nov. 2019 — 16th Feb. 2020
Museum of Contemporary Art Tokyo, Exhibition Gallery 3F
Mondays (except 13th Jan. 2020), 28th Dec. 2019 — 1st Jan. 2020, 14th Jan. 2020
10:00 — 18:00
(Tickets available until 30 minutes before closing.)
Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Museum of Contemporary Art Tokyo / The Asahi Shimbun
ACCESS
Museum of Contemporary Art Tokyo
4-1-1 Miyoshi, Koto-ku, Tokyo 135-0022
+81-3-5777-8600(Hello Dial/8:00-22:00)
Access Information
From Kiyosumi-shirakawa Station on the Hanzomon Line: 9min. walk from the B2 exit.
From Kiyosumi-shirakawa Station on the Toei Oedo Line: 13min. walk from the A3 exit.
From Kiba Station on the Tozai Line: 15min. walk from the 3 exit.
Or take the Toei Bus bound for "TOKYO SKYTREE Sta." and get off at "Tokyoto-Gendai-Bijutsukan"
From Kikukawa Station on the Toei Shinjuku Line: 15 min. walk from the A4 exit.
Or take the Toei Bus bound for "Shimbashi," "Fukagawa Shako" or "Kiba Station" and get off at "Tokyoto-Gendai-Bijutsukan"
TICKETS
  • Adults
    Tickets at the door 1500yen /
    Advanced tickets 1300yen
  • University & College Students, Over65
    Tickets at the door 1000yen /
    Advanced tickets 800yen
  • High School & Junior High School Students
    Tickets at the door 600yen
  • Free for Elementary School & Under.
  • Children younger than elementary school age need to be accompanied by a guardian.
  • Free entry to MOT collection ticket holders.
  • Persons 65 or over are admitted free of charge on the third Wednesday of every month(Senior Day).(Proof of age is required.)
  • Tokyo resident guardians accompanying children under 18 are admitted at half-price on the third Saturday of every month as well as the following day (Family Day).(Identification is required.)
  • Admission is free for visitors (and one accompanying person) with a Physical Disability Certificate, Intellectual Disability Certificate, Rehabilitation Certificate, Mental Disability Certificate, or Atomic Bomb Survivor's Certificate.
  • A group of over 20 people would get 20% discount from the price at the door (tickets available only at Museum of Contemporary Art Tokyo).